エントリー

スポーツクロノグラフ「スピードマスター」と「ダイアゴナル」。

スポーツクロノグラフ「スピードマスター」と「ダイアゴナル」。

オメガのスピードマスターとロレックスのデイトナは、時計界で最も有名なクロノグラフです。 中国では、非常に有名な存在です。 しかし、スピードマスターやデイトナと同じくらい有名で、非常に高い評価を得ているクロノグラフがもうひとつある。 こちらはタグ・ホイヤーの「カレラ クロノグラフ」です。

追記:スピードマスターやデイトナと同等というのは、世界での人気を指していることにご注意ください。 取引相場を意味するものではありません。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ。

タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフはそんなに有名なんですか、と言う選手もいるかもしれません。 中国では見ることができません。 実際、タグ・ホイヤーのクロノグラフは、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国など海外でも知名度が高く、流通量も非常に多い。 タグ・ホイヤーの「研究」に特化したウェブサイトやフォーラムがあり、フュイスが主催するタグ・ホイヤーのヴィンテージ・クロノグラフの特別オークションも開催されています。

 

フォイヤーズのタグ・ホイヤー特別オークションに出品されたヴィンテージ・タグ・ホイヤー・クロノグラフ。

タグ・ホイヤーのクロノグラフが海外でこれほど高い人気を得ているのは、主に歴史的なモータースポーツへの取り組みによるものです。 タグ・ホイヤーのクロノグラフは1950年代後半のラリーが起源で、レース好きの外国人が多く、車で遊ぶ環境があったので、タグ・ホイヤーのクロノグラフは自然に火がついた(中国にはレースの文化や大衆的な基盤がなかった)。 今日でもタグ・ホイヤーは、FEフォーミュラ・エレクトリックとGTsportのスポンサーを務めています。 このようなスペックは、オメガのスピードマスターやロレックスのデイトナでなければ実現できない。

 

 

タグ・ホイヤーは、FEフォーミュラ・エレクトリックのスポンサーです。

今年、タグ・ホイヤーのクロノグラフは、旧型の01クロノグラフムーブメントを廃止し、新型の02クロノグラフムーブメントを量産するなど、大きなリニューアルを遂げました。 その結果、今回注目するタグホイヤーの新世代カレラクロノグラフも見てきました。

タグ・ホイヤーの新世代カレラクロノグラフは、42mmのフォーマルバージョン、44mmのスポーツバージョン、45mmのスケルトンバージョンの3種類がありますが、私が手に入れたのは、44mmのスポーツバージョンです。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ。

タグ・ホイヤーの新世代カレラクロノグラフ、スチールケース、44mmは、スポーツウォッチとしては通常のサイズレンジですが、比較的大きめな方だと思います。 私は45mmのカレラ01スケルトン クロノグラフ(現在は生産終了)を購入していたので、新世代のカレラ クロノグラフが若干サイズダウンしていることがわかります。 また、「01 クロノグラフ」よりも少し薄くなっています。 タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」のケースは、一般的なスポーツウォッチ(側面がサテン仕上げのものが多い)とは異なり、常に側面がポリッシュ仕上げ、正面ラグがサテン仕上げになっています。 クロノグラフのプッシュボタンはねじ込み式ではありませんが、100m防水を実現しています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ

ブラック、ブルー、ブラックゴールドの3つのモデルからなる新しい44mmカレラクロノグラフは、ダイヤルと同色のセラミック製ベゼルを採用しています。 ブラックとゴールドカラーのセラミックベゼルのインデックスにはゴールドを、グリーンダイヤルのバージョンにはスチールベゼルを使用しています。

 

新しいタグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ、44mm スポーツは、ブルー、ブラックゴールド、ブラック、グリーンの4モデルです。

タグ・ホイヤーの新世代カレラ・クロノグラフの文字盤は、より変化に富んでいます。 まず、新しいカレラクロノグラフ(キャリバー02)は、3時、6時、9時位置にクロノグラフダイヤルを配置し、3時位置に30分計、6時位置にスモールセコンドとカレンダー、9時位置に12時間計を配したレイアウトを採用しています。 旧カレラクロノグラフ(キャリバー01)の6、9、12レイアウトとは一線を画しています。 クロノグラフの文字盤の位置で、新旧のカレラモデルを一目で見分けることができるのです。 新しいカレラクロノグラフは、針とアワーマーカーに大きな発光部を持つ立体的なバーインデックスを採用しています。 文字盤もスモールクロノグラフカウンターも、レイヤリングが強くなっています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラクロノグラフ、44mmスポーツ

新世代のカレラクロノグラフでは、スモールカウンターにレコードパターンが施され、文字盤では、よく見ると、比較的珍しい細かい円形のブラッシングが施されていることがわかります。 一般的な時計の文字盤には、放射状のパターンがよく使われているからだ。 新しいカレラは、ユニークなサーキュラーブラッシュ仕上げの文字盤を採用しています。 また、文字盤の6時位置のアワーマーカーの両脇には「HEUER0280HOURS」の刻印があり、80時間駆動の新型自動巻きクロノグラフムーブメント「02」を搭載していることを強調するディテールが施されています。

 

タグ・ホイヤーの新しいカレラ・クロノグラフは、グリーンの文字盤のディテールが特徴です。

 

新しいタグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ、ブルーの文字盤のディテール。

自動巻きクロノグラフムーブメント「タグ・ホイヤー02」を引き続き搭載した、新世代の「カレラ・クロノグラフ」です。 2017年に登場したタグ・ホイヤー02自動巻きクロノグラフムーブメントは、旧来の01自動巻きクロノグラフムーブメント(セイコーが特許を取得した技術、振動歯車クラッチを使用)に代わるもので、2017年から2020年の3年間、01と02の共存の中で、01ムーブメントの生産が終了した現在、完全自社技術の02ムーブメントはタグ・ホイヤーの唯一のメインクロノグラフムーブメントになっています(多くの場合 01キャリバーモデルは現在も販売中です)。

 

 

タグ・ホイヤーの新作「カレラ クロノグラフ」、自動巻きクロノグラフムーブメント「02」を搭載しています。

コラムホイールと垂直クラッチを採用したタグ・ホイヤー02クロノグラフ・ムーブメントは、毎時28,800振動、80時間のパワーを備えています。キャリバー02は、アッパーブリッジにジュネーブストライプを施し、ムーブメント特有の装飾を備えています。 新しいカレラクロノグラフには、車のステアリングホイールの形状を模したスケルトンの円形ローターが採用されています。 現在、LVMHグループの時計は、ウブロ、ゼニス、タグ・ホイヤーの3社で、ウブロがウニコシリーズのクロノグラフムーブメント、ゼニスがエルプリメロシリーズのクロノグラフムーブメント、タグ・ホイヤーが02シリーズのクロノグラフムーブメントというレイアウトになっています。LVMHグループの時計は、概ね0/+7秒を標準として計時しています。

 

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed