エントリー

マニュファクチュールムーブメント。 リシャール・ミルによる4部作。

マニュファクチュールムーブメント。 リシャール・ミルによる4部作。

自社製ムーブメントに関しては、どの時計ブランドもクラフツマンシップとデザインの両面で最高レベルの専門性を追求しています。 少し前に、ブランドの最新自社製ムーブメントを搭載したRM72-01を解説しましたが、その際に、リシャール・ミルの歴史を代表する自社製ムーブメントについて、話をする場を設けました。

自社製ムーブメントのパイオニア - RM037

 

リシャール・ミルの「RM037
リシャール・ミル初の自社製ムーブメントといえば、それを搭載した最初の時計であるRM037レディを挙げることができます。 2014年に発売されたこの時計は、リシャール・ミルのレディースウォッチを象徴する存在で、ブランド初の自社製自動巻きムーブメント「CRMA1」を搭載しています。

 

リシャール・ミルの「CRMA1

このキャリバーの特筆すべき革新的な点についてお話ししましょう。研削や研磨といった通常の処理に加え、従来のリュウズとは異なり、干渉を受けずにムーブメントの完全性を完全に保証する独自のリュウズシステムを備えています。つまり、ムーブメントの内部とは独立しているので、巻上げなどの操作上の問題でムーブメントのタイミングが狂ってしまうようなことはありません。

 

リシャール・ミルのCRMA1におけるリューズとムーブメントの操作メカニズム
ここで、一般的なムーブメントとリュウズの関係ですが、一般的に機械式ムーブメントでは、リュウズの巻き上げ動作によってムーブメントの構造である香箱を回転させて動力を充填し、時刻を刻むことが必要です。

 

リュウズは通常、クラッチホイールでムーブメントに接続されています。
ムーブメントが、そして時計が、接続されずに時を刻むことができるのか? 歯車と計算されないヒゲゼンマイ、そして可変形状のローターを組み合わせた、リシャール・ミルの特別な設計が採用されています。

 

さらに、時計のリューズにはOリングシールとアルクリン®ガスケットを採用し、最終的にリューズがずれることはほとんどありませんが、必要な時に時計師の手で簡単に出し入れすることができます。

リシャール・ミルのマニュファクチュールムーブメントの歴史が始まったCRMA1以降、現在までに合計12個のマニュファクチュールムーブメントが製作されており、その更新スピードは驚異的な速さです。

より大胆なダブル・エンゲージメント・メカニズム - RM72-01

 

リシャール・ミルの「RM72-01
もちろん、自社製ムーブメントを搭載したライフスタイル・クロノグラフ「RM72-01」は、以前から最も人気のある時計です。 自社製ムーブメントは、特許取得の振動ピニオン式ダブルエンゲージメント機構を採用しています。

 

そして、この仕組みはいったい何なのか。 分・時車と秒車の操作を切り離す機構です。 つまり、本来は分と秒を司るピニオンを分離し、2つの噛み合わせ機構にすることができるのです。 先に述べたように、このようなデザインは時計のムーブメントにはあまり見られず、通常は製造の難易度が低いストレート・エンゲージ機構が主流である。

 

特許取得のオシレーティング・ピニオン・ダブル・エンゲージメント機構

しかし、リシャール・ミルが見出したのは、ムーブメントの薄さと、ムーブメントを覗くスケルトンの文字盤の美しさを保ちつつ、パワーリザーブを維持する方法です。 また、この革新的なスリム化機構は、場所を取らないのも特徴です。 その結果、425個の部品を使用しているにもかかわらず、特許取得の機構を搭載したこのムーブメントは厚さ6.05mmと比較的薄型を実現しています。

 

RM72-01の側面
とはいえ、時計を装着して遊んでみると、このコンプリケーションが予想以上に薄いことに気づきます。 しかし、トノー型の象徴的なケースの表情、透かし彫りの文字盤のディテール、ムーブメントなど、遊び心に溢れており、コレクターが求めるのも当然といえるでしょう。

究極の細身を実現した「RM67-01

 

リシャール・ミルの「RM67-01
リシャール・ミルにとって大きな意味を持つこれまでの2つのムーブメントと時計に加えて、実はリシャール・ミルの時計製造の歴史にも名を残すべき超薄型ムーブメント、厚さわずか3.6mmの「CRMA6」があります。2016年に、このムーブメントはRM67-01に搭載され、この時計は の厚さはわずか7.75mmです。

 

CRMA6ムーブメント
超薄型化とは、ムーブメントから余計なものを削ぎ落とすことであり、薄型化とは、ムーブメントの構成部品に合わせることです。 その結果、毎時28,800振動、50時間パワーリザーブの高度にスケルトン化されたムーブメントが誕生した。 また、ベースプレートとブリッジには、マイクロブラスト加工を施したグレード5のチタンを使用し、グレーとブラックのプラズマを組み合わせた処理を施しています。

 

CRMA6ムーブメント
このムーブメントは極限までスケルトナイズされており、薄い構造にもかかわらず、正面や背面から見ると驚くほど奥行きのあるビジュアルを実現しています。 もちろん、リシャール・ミルの超薄型時計はこれだけではありません。先ほどお話したRM67-02やRM72-01も非常に薄型で、リシャール・ミルの時計は重いというイメージを打ち破っています。

時計に真のエンジンを与える-RM40-01

 

リシャール・ミルの「RM40-01
今年は、マクラーレン・スピードテールとのコラボレーションによる自動巻きトゥールビヨン「RM40-01」を代表とするムーブメントを搭載した時計も発表していますね。 マクラーレン最速のロードカー、スピードテールへのオマージュとして、リシャール・ミルは両者を刺激するインスピレーションを探求し、可能な限り深いコラボレーションを選択したのです。

 

CRMT4ムーブメント
スポーツカーというテーマから真逆に、エクステリアもムーブメントも強く志向しています。 その結果、希少な自動巻きのトゥールビヨンウォッチ、RM40-01が誕生しました。 ブランド初の自社開発パワーリザーブインジケーター付きムーブメント「CRMT4」を搭載しています。 トゥールビヨンは6時位置に配置され、スピードテールのバーティカルブレーキランプからの赤いラインとつながっています。 さらに、自社開発のトゥールビヨンにオーバーサイズデイト表示やファンクションセレクターなどの複雑機構を搭載するのは、ブランドとして初めてのことです。

 

ダイナミックリザーブ表示付きCRMT4ムーブメント
また、スポーツカーのデザインを取り入れたこのムーブメントは、歯車にマクラーレンのクラシックなスピードマークロゴをあしらい、スポーツカーのカーブを鮮やかに再現したアーチ型の部品を採用しています。 時計全体のバランスと滑らかなラインを保つため、日付調整のプッシャーは8時位置にデザインされています。このデザインは、11時位置のシンプルなアプローチよりも技術的に複雑ですが、同時に美的感覚にも優れています。 ベゼルのエッジはポリッシュ仕上げと段階的な面取りが施され、すべて手作業で仕上げられています。

 

CRMT4の動き
このムーブメントの製作には、8,600時間もの研究開発が行われ、最終バージョンに到達しました。 部品の複雑さ、細部へのこだわり、仕上げの美しさによって、この自社製ムーブメントはブランドの新しいアイコンとなりました。 ムーブメントの全体的な配置、車のケースの滑らかなライン、そしてRM40-01は、スポーツカーと時計の関連性の中で最も誠実で適切なものだと思います。

今日は、リシャール・ミルの代表的な時計とムーブメントについてですが、ブランド独自のムーブメントはほんの一部です。 実際、リシャール・ミルは時計製造の道を歩み始めた当初から、常にムーブメントと革新の道を探ってきました。

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed