エントリー

庶民のための「コーク・サークル」 チューダー・ビワン GMT

庶民のための「コーク・サークル」 チューダー・ビワン GMT

バーゼルワールド2018で初披露された「TUDOR BAY GMT "Coke Ring"」は、多くの人が「兄貴分」であるロレックスと比較することになる時計である。 確かに、この時計には身近な文献がたくさんあります。 高価なロレックスに比べ、"庶民のコカコーラ "と呼ばれるGMTには、また違った驚きを期待できるのだろうか。


TUDOR GMT M79830RB

2色の円のデザインは、ロレックスの最初のGMT時計が赤と青で昼と夜の異なる時間帯を表現していた1950年代にさかのぼるものである。


ロレックス Ref.1675

大木に頼るのは良いことだ」ということわざがあるように、チューダーは創業以来、ロレックスのオーラのおかげで、多くの有利な資源を手に入れることができた。 デザイン面では、"兄貴分 "であるロレックスと多くの共通点を持ちながら、独自の存在感を放っている。 赤と青のツートンカラーのリングは同じですが、TUDORはその文字に、よりスリムで丸みを帯びたアラビア数字を選びました。 より素朴でエレガントな印象になりました。 ベゼルの形状は初期のロレックスRef.1675に酷似しており、ヴィンテージデザインを求める一部のプレイヤーを満足させると同時に、ブランドの差別化も図っている。

ベゼルとクリスタルのクローズアップ

TUDOR GMTは、人気の高いセラミックベゼルではなく、アルマイト加工されたアルミニウムベゼルを採用していることが重要です。 アルミニウムベゼルはセラミックベゼルほど光沢や耐久性はありませんが、時間の経過とともに独特の痕跡を形成するのが特徴で、ある意味名作のレストアと言えるかもしれませんね。


ロレックスGMT II

共通点を見た後は、ロレックスGMTとの違いを見ていこう。そこで登場するのが「プレシジョン・ナイフ」だ。 まず、チュードルGMTには、1950年代にロレックスが特許を取得した「小窓凸レンズ」が搭載されておらず、機能面だけでなく、ロレックスの知名度も高い。 一方、チューダーは、前世紀のアクリルによく見られた、レンズがケースによく収まるように設計された、やや湾曲したサファイアガラスのクリスタルを採用し、この時代の流行スタイルとして徐々に定着していった。 現在では、この形状は美観を重視し、レトロ感を演出するために使われることが多くなっています。

TUDOR独自の "スノーフレークハンド"

1969年にTUDORがデザインしたこのスノーフレーク針は、四角いスケールに時針と秒針の先端が菱形になっており、雪の結晶の花びらのように見えることからこの名前が付けられました。 当時の雪の結晶針の意義は、TUDORに独自の要素をもたらし、ロレックスとの真の棲み分けを示したことである。 スノーフレーク針は現在、TUDORのベイサイドやパイロットダイブコレクションに採用され、TUDORのアイコンの一つとなっている。

MT5652ムーブメント

TUDOR初の自社製ムーブメントの一つであるMT5652は、ブランドにとって特別な意味を持つ。 MT5652は、サンドブラスト仕上げのブリッジと面取りされたエッジが特徴のGMTムーブメントです。 また、シリコン製ヒゲゼンマイを追加することで、より耐磁性に優れたムーブメントを実現しました。 パワーリザーブは70時間で、クロノメーター認定を受けています。


時計のふるさと "ウォッチ・オファー"

ビワンGMTコーラサークル」は、発売から約3年が経過しているにもかかわらず、高い注目度を維持し、ブランドのトップオファーで長く上位を占めており、その人気の高さがうかがえます。

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed