エントリー

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク「ニュー・ジェネレーション・ムーブメント」、そのレベルは?

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク「ニュー・ジェネレーション・ムーブメント」、そのレベルは?

昨年、オーデマ・ピゲは、旧モデル15400に搭載されていた自動巻きムーブメント3120に代わり、新型自動巻きムーブメント4302を搭載した新世代モデル15500を発表し、ロイヤルオークのリニューアルを完了させました。 同時に、オーデマ・ピゲの最新コレクション「11.59グランド・スリーハンド」にも新型自動巻きムーブメント4302が採用されました。 こうして、4302自動巻きムーブメントは、オーデマ・ピゲの新しいメイン自動巻きムーブメントとなりました。

 

オーデマ ピゲ 11.59 グランド スリーハンド

 

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15500

かつて「最も美しい自動巻きムーブメント」と呼ばれたオーデマ・ピゲの前作キャリバー3120(時刻はゼロで表記)に比べ、サイズ、性能ともにアップしています。 最近、海外の時計メーカーがオーデマ・ピゲの4302ムーブメントを分解してくれました。 これによって、4302ムーブメントの内部構造を詳しく見ることができ、オーデマ・ピゲの新世代メインムーブメントがどのようなものであるかを知ることができます。 さっそく始めてみましょう。

PS.海外時計メーカー「THENAKEDWATCHMAKER」の解体画像をダウンロードできます。

 

オーデマ・ピゲの新世代自動巻きムーブメント4302は、すでにロイヤルオーク15500、11.59コレクションに広く採用されています。

オーデマ・ピゲの新しい自動巻きムーブメント4302、ベースデータ。

自動巻きムーブメント4302、両方向巻、サイズ32mm、厚さ4.8mm、32石軸受、非校正分銅による微調整済みテンプ、振動数28,800回/時、パワー70時間。

 

オーデマ・ピゲの11.59コレクションに搭載されている4302自動巻きムーブメントを使用。

ご覧のように、41mmのホワイトゴールド製ケースに収められたオーデマ・ピゲの11.59グランドセコンドを分解してみました。 ムーブメントのシースルーバックからわかるように、32mmのキャリバー4302はケースに適した大きさです。 旧型の自動巻きムーブメント3120の小型化(3120ムーブメントで26.6mm)の問題を解決しました。 また、ラウンドベゼルの下には、11.59コレクションの特徴である八角形のケースが見えます。ラウンドベゼルと透かし彫りのラグが一体化し、ベゼルとケースバックで八角形のケースを挟み込む形になっているのです。 ウォッチヘッドの作りは格別です。

 

オーデマ・ピゲ11.59のベゼルとラグは一体型であり、非常に特殊な構造となっています。

22Kゴールド製の4302ムーブメントを搭載した自動巻きトゥールビヨン。 オーデマ・ピゲの伝統を受け継ぎ、自動巻きトゥールビヨンにはオーデマ家の城のマークと、オーデマ・ピゲを構成するピゲ家の駿馬のマークが刻まれています。 ローターの中心から、4302ムーブメントがボールベアリングローターを使用していることがわかります。 ローターの中心軌道にあるセラミックボールがかすかに見える。

 

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302を搭載した22Kゴールド製の自動巻きトゥールビヨンです。

自動巻きトゥールビヨンを取り外すと、4302ムーブメントの全貌を見ることができます。 全体として、4302ムーブメントの主要なブリッジのいくつかを見ることができます。6時位置は香箱ブリッジ(ブリッジに3つの開口部があり、巻上げ歯車が見えます)、9時位置は自動巻き機構ブリッジ、11時位置はバランス車ブリッジ、2時位置は駆動輪列ブリッジとなっています。 4302はムーブメントのメインブリッジをジュネーブストライプで装飾し、さらにルビーベアリングが見え、ブリッジのエッジをミラーベベル加工しており、非常に美しいムーブメントになっています。

 

 

ローターを外した4302ムーブメント。

まず、4302ムーブメントのバランスホイールを見てみましょう。 ご覧のように、4302のムーブメントは、クロスオーバー型テンプコックを備え、コックの左右にある「ナット」を調整することで、テンプと脱進機のフォークを調整することができるようになっています。 4302ムーブメントは、6つの微調整用ウエイトを持つテンプの微調整に、非調整用ウエイトを使用しています。 テンプはインカブロック社製のショックアブソーバーを搭載した3アーム式テンプを採用。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のテンプの一部。

 

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のテンプとヒゲゼンマイ部分です。

バランスホイールとテンプコックを取り外すと、その下にある脱進機フォークが見えるようになります。 テンプの下の地板が見えるが、すべて魚の鱗模様の装飾が施されている。 また、メインプレートには4302の刻印があります。 見ての通り、4302ムーブメントは伝統的なジュエルフォークタイル脱進機を使用しています。 自動巻き輪列を取り外すと、ムーブメントの最も重要な駆動輪列が露出します。

 

テンプホイール部分を取り外すと、4302ムーブメントはテンプコックの左右にある固定ナットと脱進機のフォークを見ることができます。

4302ムーブメントの2番車、3番車、4番車、脱進機をはっきりと見ることができるのです。 7時と8時位置のムーブメントの下にある長いカーブを描くレバーは、キャリバー4302のストップセコンド・レバーです。 リュウズを外すと、ストップセコンドレバーがテンプにかかり、テンプを止めることで秒読みを行います。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302の自動巻きトゥールビヨンドライブパーツ。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302の駆動系の一部と、7時位置と8時位置にある長いカーブを描くストップセコンドレバーを見ることができます。

駆動輪列の歯車とブリッジをすべて取り外すと、4302ムーブメントの地板が露出します。 ここから、4302ムーブメントの地板には、見え隠れする魚の鱗模様が施されていることがわかります。 一方、ムーブメントの香箱には、放射線状の装飾が施されています。 オーデマ・ピゲのブランドポジショニングに沿った、美しい装飾と研磨が施されたムーブメントを搭載しています。

 

 

駆動輪列を取り外すと、オーデマ・ピゲのキャリバー4302の地板を見ることができます。

ムーブメント前面に目を向けると、4302ムーブメントのカレンダー機構と、時・分・秒の輪列がメインになっています。 ムーブメントの一番外側にあるカレンダーリングは歯付きです。4302はインスタントカレンダーで、カレンダーはリュウズを1段引き抜くことで手動で調整します。 手動でカレンダーを調整する際に、カレンダーのジャンプを制御する部分である「コインクロス」の形をした4枚羽根のカムが見える。 ムーブメントの前面には、デイトリング以外の部分もパール加工が施されています。

 

オーデマピゲ・キャリバー4302フロント

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のマニュアルカレンダー調整部分。

 

オーデマ・ピゲのキャリバー4302のカレンダーリング。

一般論として、オーデマ・ピゲの新しい自動巻きムーブメント4302は、クラシックなスイス時計製造の構造とスタイルを持ち、オーデマ・ピゲがこれまでに採用した最大の自動巻きムーブメント(複雑機構を除いた通常の自動巻きムーブメントの意味)となります。 旧来のメイン自動巻きムーブメント、キャリバー3120と比較して、4302はさらに性能を向上させ、美しさと実用性をバランスよく両立させています。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed