エントリー

今年はグリーンプレートが流行ってるんだって?

今年はグリーンプレートが流行ってるんだって?

ここ数年、グリーンディスクの時計が人気だ。 クラシックな白黒のディスクを見慣れているせいか、消費者はグリーンディスクを非常に好み、ここ数年多くのブランドがグリーンディスクを発売している。

ピアジェ PIAGET POLO コレクション G0A45005
型番:G0A45005
直径:42mm
ケース厚:9.4mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:1110P
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100m
理由:ピアジェのPolo Sは、2019年にグリーンフェイスとダークグリーンのアリゲーターストラップの限定モデルとして発売されましたが、今年のグリーンプレートの時計はスティールブレスレットが付属しています。 このモデルは、42mmのスチール製ケースに、ピンクゴールドのインデックスと針で飾られたグリーンのギョーシェ文字盤を備えています。 時・分・秒と日付を表示する自動巻きキャリバー1110Pを搭載し、毎時28,800振動(4ヘルツ)、50時間のパワーリザーブ、100m防水を実現しています。

IWC ポルトギーゼ IW371615
モデル: IW371615
直径:41mm
ケース厚:13.1mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:69355
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
理由: 2020年、IWCは「ポルトギーゼ」コレクションのリニューアルを迎え、「ポルトギーゼ」クロノグラフ・コレクションで初めてグリーン文字盤のデザインを採用します。 このデザインは、帆を張る船の右舷に吊るされた緑の光からインスピレーションを得て、時代を超えた「Age of Sail」へのオマージュとしています。 直径41mmのスチール製ケース、グリーンの文字盤、航海をイメージしたブラックのアリゲーターストラップが特徴的な時計です。 また、ポルトギーゼのアラビア数字とスリムなリーフ型針はそのままに、洗練された雰囲気を演出しています。 時計の心臓部には、46時間のパワーリザーブを持つマニュファクチュール・キャリバー69355が搭載されています。

ブライトリング メカニカル クロノグラフ AB01343A1L1A1
型番:AB01343A1L1A
直径:42mm
ケース厚:15.1mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:01
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:200m
理由:今年、ブライトリングの機械式クロノグラフがリニューアルされ、認知度の高い機械式クロノグラフが復活しました。 そのひとつが、ブライトリングと英国の高級車ブランド、ベントレーとのパートナーシップを記念して発表されたこのベントレーの特別モデルで、42mmのスチールケースにグリーンの文字盤とコントラストの効いたブラックカウンター、そしてブライトリングのモダンレトロスタイルを表現するバタフライクラスプのローラービーズ付きスチールブレスレットを備えています。

結論から言うと、上の3つの時計はすべて同じグリーンの文字盤を使ったデザインですが、それぞれ異なるスタイルになっています。 この2年間は、緑のプレートが非常にホットですが、我々はすべての後に、購入する傾向に従う必要はありません、みんなの美的違いは、自分のために適した、素晴らしいです。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed