エントリー

2019年03月13日の記事は以下のとおりです。

【IWCスーパーコピー】2019年 新作パイロット ウォッチをチェック!

20190313104344.jpg

IWC 注目のパイロット ウォッチ 4モデル
IWC 2019年の新作は“ポルトギーゼ”や“ポートフィノ”と人気を分け合う「パイロット ウォッチ」を発表しました。今年の傾向はダウンサイジングとムーブメントの内製化。IWCスーパーコピー今回は新作の中で気になるモデルを紹介します。

20190313104345.jpg

IW387901
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピットファイア
新定番モデルになるべく、ケースやムーブメントを一新。ケースサイズは41mmになり、自社製ムーブメント「キャリバー 69380」を搭載しています。ポルトギーゼ クロノグラフに似せたサイズが、今後IWCクロノグラフの標準サイズになりそうです。

20190313104346.jpg

IW326801
パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア
パイロット クロノグラフと同じく、ケースやムーブメントを一新した3針モデル。ケースサイズは39mmになり、自社製ムーブメント「キャリバー 32110」を搭載しています。ストラップをレザーに変更することで、ミリタリーとは違った雰囲気を楽しむことができます。

20190313104347.jpg

IW389103
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン “モハーヴェ・デザート”
ベージュセラミックが特徴の限定モデル。ダイヤル、インデックス、ストラップもサンドカラーにまとめ個性的に仕上がっています。ムーブメントには自社製「キャリバー 69380」を搭載。モデル名の「モハーヴェ・デザート」は、アメリカ南西部にある広大な砂漠。Appleの最新MacOSも「Mojave」という名称で、iMacやMacBookを使っている方には馴染みのある名前です。

20190313104348.jpg

IW395501
パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・スピットファイア “ロンゲスト・フライト”
ビッグ パイロット ウォッチのケースにタイムゾーナー機能を持つ自社製ムーブメント「キャリバー 82760」を搭載した限定モデル。ケースサイズも46mmと最大級で存在感があります。ベゼルを回転させるGMT機能は視認性も高く実用的です。

https://www.iwc.com/ja/home.html

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-15.html

クストススーパーコピー チャレンジ シーライナー GMT CVT-SEA-GMT-CP5N BLSTのご紹介

20190313103931.png

クストスは2005年に若き実業家「サスーン シルマケス」とデザイナーの「アントニオ テラノヴァ」の二人により立ち上げられた時計ブランドです。

ラテン語で”守護神”という意味を持つクストスは、スイスの時計製造における伝統を守りつつ、時代の一歩先をゆく革新を続けています。

今回ご紹介するのはクストスの中でも最も人気の高い「シーライナー」シリーズより、「チャレンジ シーライナー GMT」をご紹介します。

チャレンジ シーライナー GMTは、カリブ海のアンティル諸島、サン・バルテルミー島などを目指し、メガヨット(大型客船)で様々なタイムゾーンを航海する。そんな魅力的で華やかなライフスタイル、長期航海の世界感がのインスピレーションとなっています。

ますは機能面の特徴をご紹介します。

12時位置にはビックデイトを配置。

20190313103932.jpg

スケルトナイズドされていますので、デイトが変わる様を楽しむことが出来ます。

6時位置のセカンドタイムゾーンでは、小窓では24時間表示の他に、その場所の昼夜が分かるナイト&デイ機能も搭載されています。

それらの機能は全てリュウズ一つで調整可能となっておりますので、操作性も抜群です。


デザインはクストスの特長であるスケルトンをふんだんに盛り込まれており、ロレックススーパーコピー透明なサファイアガラスとオープンケースからは複雑な機構を存分に堪能することができます。

ステンレススチールにブルーPVDを施したケース、随所に見られる18Kピンクゴールドのリュウズ、ネジなどの装飾がエレガントさを演出。

ケースにラインが入っており、細かくポリッシュ、マットの仕上げを変えています。

正面から時計を覗くとシーライナーの欠かせない特徴の一つ、ヨットの甲板に使用されるチークウッドがブリッジに用いられているのが見えます。

センター部分に見られる楕円状のリング、これも正面から見ると空から海に浮かぶヨットをイメージしてデザインされています。

説明されないとわからない部分ですが、デザイナーのこだわりを感じます。

ケースサイドには船舶窓を想起させる4つの開口部があります。

その開口部から立体的なムーブメントを覗くことが出来ます。

クストスならでは洒落感を感じます。

ちなみにリュウズについているラバーリングもベルトカラーに合わせて交換可能です。

ケースバックも、もちろんスケルトン。

特徴的なローターデザインでかっこいい。

Dバックル仕様で着脱も楽です。

腕回り16㎝に着用画像です。

ケースサイズは縦53.70mm × 横41mm、防水性能は100m防水。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

http://www.cvstos.jp/

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着コメント

Re:エドックス時計の魅力
2019/09/04 from 権限がありません
Re:エドックス時計の魅力
2019/08/15 from 権限がありません
Re:エドックス時計の魅力
2019/07/13 from 権限がありません

Feed