エントリー

何? "エアマスター "には "ティファニー・ブルー "もある?

  • 2022/06/14 11:04

何? "エアマスター "には "ティファニー・ブルー "もある?

ロレックスのエアキングはご存じだと思いますが、メイフラワーのエアマスターというコレクションもあり、中国語訳ではありますが、ロレックスとは全く異なる位置づけで、ロレックスのエアキングはスポーティな印象のフライングウォッチ、メイフラワーのエアマスターは落ち着いたスタイルのクラシックフォーマルウォッチとなっています。 ロレックスのエアキングはスポーティーな雰囲気の時計で、プルマーエアマスターは落ち着いたスタイルのクラシックなフォーマル時計である。


ロレックス エアキング Ref.116900

"TITONI "という中国名は、音訳でも翻字でもなく、梅の花の形を模したブランドロゴをローカライズしたものです。 1959年という早い時期に中国大陸に進出した時計ブランドであるため、比較的物資が不足していた当時、中国国民が手にすることのできた数少ないスイス時計として、年配者の間で評判となり、一世代でセンチメンタルな存在となったのだ。


1950年代のプラムウォッチ

1960年代にインスパイアされた「エアマスター」コレクションは、当時の特徴を取り入れつつも、モダンな要素を多く取り入れたデザインとなっています。 コレクションの時計は、ムーブメント「Sellita SW200-1」を搭載した大型の3針モデルが中心で、コンプリケーションは搭載していません。 文字盤はシンプルで、一部のモデルにはダイヤモンドをセットしたインデックスやPVD加工のインターロッキングゴールドケースを採用し、5連のストラップでフォーマルな印象に仕上げています。


メイフェアの公式サイト

2000年代に入ってからは、スイス時計の中国市場参入の増加や時計の高級化により、メイフラワーをはじめとする多くのブランドの影響力が低下していった。 現在、同ブランドは販売の一部をオンラインに移行しており、今回の記事の主人公である「プラム エアマスター 83908」は、オンライン限定モデルとなっている。


ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.124300

しかし、センチメントを売るだけでは勝てない。そこで、ブランドは流行を追いかけ、若い世代へのジェスチャーも行っている。 若者にとって鮮やかな色はよりパーソナルなものであり、2020年にはロレックスのオイスターパーペチュアルがカラー文字盤でヒットし、その中でも「ティファニーブルー」と呼ばれるターコイズは入手困難な色であったという。 この鮮やかで彩度の高い文字盤は、一度見たら忘れられない、認知度の高いものです。今回、同様のカラースキームが新しいプラムブロッサム「エアマスター」にも導入されました。


Plum Blossom Airmaster 83908 S-691

アイスブルー、レモンイエロー、サンバーストレッドと名付けられた3色のカラーバリエーションが用意されています。 ティファニーブルー」の流行に影響されてか、個人的には似たようなアイスブルーが気になっており、通常の水色よりも爽やかな色をしています。


メイフラワー エアマスター 83908 S-692

オイスター・パーペチュアルに選ばれたイエローとは異なり、「エアマスター」のレモンイエローは、より彩度が高く、鮮やかで、視覚的にも印象的な色です。 イエローは、アイスブルーやサンバーストレッド(例:ブライトリング「イエローウルフ」)よりも広く使われているため、より受け入れられやすい色となっています。


メイフラワー エアマスター 83908 S-693

その名の通り、太陽の赤は情熱的で大胆。 毎日の通勤にはまず向かないし、華やかな装いに合わせないとエレガントさが引き出せないことも多いので、個人的には3つの中で一番管理が難しいと感じています。

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed