エントリー

Emmi AIKON:「Medium with Oak」、その戦いとは?

Emmi AIKON:「Medium with Oak」、その戦いとは?

力強いラインとシックなワンピースのブレスレットが特徴の「ノーチラス」は、近年、時計業界で最も人気のあるモデルの一つとなっています。 ラグジュアリースポーツスチールウォッチの王者、ノーチラスは言わずと知れた名作でありヒット作です。 また、独特のデザインを持つ「ロイヤルオーク」は、高級スポーツスチール時計の中でも重要な位置を占めており、今年は「アドミラル」でさえもライバル視しているそうです。


そのため、手頃な価格のスポーツスチールウオッチが数多く登場し、多くのメーカーがそのシェアを争っている。 今年、「オークス」のGKをティソPRXが担当したため、「センターフォワード」のバトンはAIKONに渡りました。


Emmi AIKON」コレクションは、誕生してまだ間もないですが、その時々の流行りのデザイン要素を取り入れた、スポーティな印象の強いメタル一体型のブレスレットです。 2016年にコレクション初のクオーツウォッチを発売し、好評を博しました。 2年間の慣らし運転と調整を経て、機械式ムーブメントを搭載したクロノグラフがバーゼルワールド2018でお披露目されました。 また、AIKONクロノグラフが2万円の価格帯の市場の隙間を埋めるなど、スポーツスチールウオッチの勢いが強い年でもありました。


AIKONクロノグラフは44mm径を採用しており、現在の腕時計のトレンドである大径化で高い評価を得ていますが、主流のクロノグラフの41mm径に比べ、手首の細い方にとってはこのサイズでは不親切に感じるかもしれません。


フロントに焦点を当てると、ベゼルの12時、2時、4時、6時、8時、10時位置に対称的に配置された6つの飾り爪が最も印象的であり、AIKONが他のスポーツスチール時計と異なる特徴を持っていることが分かります。 一見すると、ロイヤルオークのアイコンである8本のネジに少し似ていますね。 しかし、良いデザインは必ず収束するという言葉があるように、この爪の形状は近年のAIKONに限ったことではなく、1990年代のエンミの定番クオーツ時計カリプソに由来し、AIKONコレクションへの導入はエンミの「ファミリーランゲージ」を継承するものである。


ブルーのクロノグラフサブダイヤルとシルバーの大型ダイヤルのコントラストが、パンダのような特徴的なダイヤルデザインを作り出しています。 クロノグラフモデルは、大型3針モデルのパリスタッズ文字盤とは異なり、ギョーシェ文字盤を採用しています。


1970年代にブレスレット、ラグ、ケースの一体型デザインとして誕生し、多くのスポーツウォッチに支持されてきたAIKONのメタルストラップは、ブラッシュ仕上げとベベル部のポリッシュ仕上げを広範囲に施し、異なる2つの仕上げを絡めています。 ストラップ内側のクイックリリースプッシュボタンで、レザーストラップやラバーストラップの交換が簡単にできます。


ムーブメントはエンミ・キャリバーML112で、時計界では「空想の統一ムーブメント・エンミ」と呼ばれており、これは単なるお遊びではなく、エンミの統一ムーブメントの高度な使い方を認めてのことだと思います。 1975年に自社ブランドとして正式に設立されるまでは、他ブランドの完成品を組み立てる時計部品工場が前身であった。 この間、エンミはムーブメントの組み立てやリビルドの経験を多く蓄積してきたので、統一ムーブメントの調整や研磨は、さすがに同クラスの多くのブランドより優れており、エンミブランドの強みの一つになっている。


Emmiの時計をご存知の方は、多くのモデルが「海淘」を通じて魅力的な価格で購入できることをご存知でしょう。 しかし、AIKONコレクションの人気に伴い、現在、市場にはあらゆる種類のAIKONの正規品や偽物が溢れ、特にクオーツモデルは偽造の被害が最も多いのです。

ページ移動

ユーティリティ

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed