エントリー

超軽量かつ超高精度を誇るショパールの新作「L.U.C パーペチュアル クロノ」です。

超軽量かつ超高精度を誇るショパールの新作「L.U.C パーペチュアル クロノ」です。

永久カレンダーとクロノグラフの組み合わせは、長い間、時計製造の卓越した技とされてきましたが、ショパールは2017年、クロノグラフと永久カレンダーの機能を一つの時計に集約し、COSC「クロノメーター」とジュネーブ・シールの両方の認定を受けた「L.U.CPerpetual Chrono」を初めて発表しました。 2021年のWatches & Wondersで、ショパールは新しいL.U.CPerpetualChronoを発表します。 見てみよう。

 

新しいL.U.CPerpetualChronoはチタン製で、その軽さが大きな特徴となっており、手に持ったときに非常に軽く、日常使いに最適なモデルとなっています。 また、L.U.CPerpetualChronoのラグは、比較的短く設計されており、手首にフィットしやすくなっています。

 

文字盤は、柔らかなグレーを基調とし、サンバーストモチーフを施した電気メッキ仕上げの18Kゴールドをベースにした現代的なデザインです。

 

文字盤の複雑な機能や表示は、12時位置に大きな二重窓の瞬間日付表示、9時位置に曜日表示、3時位置に月表示と、視認性に配慮した設計になっています。

 

文字盤の最大のデザインハイライトは、6時位置の高精度の軌道ムーンフェイズで、その誤差は122年に1日だけ!。 10時位置にはオフセンターの昼夜表示、2時位置にはオフセンターのうるう年表示があります。

 

ケースバックからムーブメントを見てみましょう。 L.U.CPerpetualChronoは、約60時間のパワーリザーブを持つL.U.C03.10-Lムーブメントを搭載しています。 ショパールが自社で開発・製造したこのムーブメントは、クロノグラフの構造をベースにしており、その中心にはクロノグラフの機能を制御するコラムホイール、そして垂直結合クラッチ機構によって正確な作動を実現しています。

 

 

フライバック機能により、針がクロノグラフの終了点に到達すると同時にスタート地点に戻り、「ストップ」「リセット」の操作が不要になります。 ゼロボタンを押すと、カウンターの瞬間的な動きと中央の秒針がプログレッシブ・コンタクトハンマーで制御され、最適な精度が得られます。 さらに、セミ・インスタント・ミニッツカウンターが、クロノグラフの分表示を正確に行います。 これらのクロノグラフ機能を強調するために、ショパールは文字盤に赤いディテールを施し、一目でそれと分かるように特別にデザインしました。

 

 

ストラップは柔らかいブラッシュカーフスキン製で、グレーカラーは文字盤の色と呼応し、控えめで実用的な時計に仕上がっています。

結論:市場でも数少ないチタン製パーペチュアルカレンダー・クロノは、ゴールドやプラチナ以外の素材を求めるコレクターに異なる選択肢を提供するとともに、高級時計のクラフトマンシップと繊細な装飾デザインが、伝統的な時計製造を現代のファッションに調和させています。 この新しいL.U.CPerpetualChronoは20本限定で発売されますので、お好きな方は今すぐお求めください。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed