エントリー

スモーキーシースルー。 コマンダーグラデーション半透明ウォッチ。

  • 2022/07/11 10:48

スモーキーシースルー。 コマンダーグラデーション半透明ウォッチ。

昨年6月、ミドは自動巻き機械式時計「コマンダー・ロンギ」のグラデーション半透明バージョンを発表しました。 このコレクションは、コマンダーコレクションのクラシックな形状を継承しつつ、グラデーションのある半透明の透かし彫りを施した新しいデザインを取り入れており、文字盤が非常にユニークで、ムーブメントと文字盤の境界を曖昧にして魅力的な視覚効果を生み出しています。 本日は、このコレクションのステンレススチールケース・ブレスレットバージョン、型番:M021.407.11.411.00を詳しくご紹介します。

 

時計は実写で紹介されています


1959年に誕生し、62年の歴史を持つ「ミドー・コマンダー」コレクション。 ミドーの時計の多くが、世界中の建築物の傑作からインスピレーションを得ていることは周知のとおりですが、コマンダー・コレクションも例外ではなく、フランスの象徴であるエッフェル塔からインスピレーションを得たモデルを展開しています。 精巧に磨き上げられたケースは、丸みを帯びた外観がエッフェル塔のアーチの建築的特徴に呼応する上質なベゼルで縁取られ、ダイヤルのポリッシュ仕上げの長方形のインデックスと指標は、エッフェル塔を象徴するスチール構造物に呼応しています。 エッフェル塔がフランスの近年の歴史において最も象徴的な建造物として存在するように、コマンダーコレクションは、スイスの時計製造の伝統に由来する、ブランドの遺産とクラフツマンシップのアイコンです。

 

この時計のケースはステンレススチール製で、直径40mm、厚さ10.84mmとなっており、あらゆるサイズの手首にフィットするようになっています。 ケースはサテン仕上げ、ベゼルはポリッシュ仕上げです。

 

リューズの側面上部にはMIDOのブランドネームが刻まれ、周囲には滑り止めのピット加工が施され、グリップ感と調整性を高めています。

 

文字盤はアンスラサイトグレーのグラデーションで、外側の深いブラックから中央のクリアな発光まで、中央のムーブメントも際立たせ、スケルトン仕様の文字盤ならではの美しさを表現しています。

 

また、3時位置の黒地に白の日付窓からは、半透明の文字盤を通してムーブメントのカレンダーホイールを見ることができます。さらに、ムーブメントに施されたサテン仕上げの装飾や12時位置のMIDOロゴなど、文字盤上に浮かぶように見える他の構成部品も確認することができます。 ポリッシュ仕上げのアワーマーカーとダイヤモンドカットの時針・分針にはスーパールミノバ®が施され、暗い場所でも視認できるように配慮されています。

 

ムーブメントは正面からだけでなく、サファイアバックのねじ込み式ケースバックからも見ることができ、シースルーの裏側からムーブメントを確認することができます。 キャリバー80は、ETAC 07.611をベースにした完全自動巻きムーブメントで、ローターにはコート・ド・ジュネーブ仕上げとMIDOロゴが施され、パワーリザーブは最大80時間、50m防水を備えています。

 

ケースと同じ仕上げのスチール製ブレスレットが付属しています。 スチール部品にはハイグレードな316Lステンレススチールのみを使用し、低アレルギー性で長時間の装着でも装着者に不快感を与えず、耐腐食性に優れ、長持ちする特性を備えています。 フォールディング・クラスプの上部には、MIDOとコマンダー・コレクションの名称が刻まれています。

 

概要:全体的に、このミドコマンダーシリーズグラデーション半透明のステンレスモデルは非常に良いですが、時計のデザインの外観は、ユニークなグラデーション半透明のダイヤルは非常に魅力的ですが、時計は40適度な直径サイズですが、厚い時計愛好家の摩耗の手首周りは、また全体的な視覚効果から小さくなることはありません。 ムーブメントのハードウェアは正確で80時間のロングパワーリザーブを誇り、ステンレススチール仕上げと質感は、同コレクションのブラックPVDモデルが苦手な方にもお勧めできる、コストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed