エントリー

ゴールドの華やかさ。 TUDOR Royal Collectionをご覧ください。

ゴールドの華やかさ。 TUDOR Royal Collectionをご覧ください。

TUDORは昨年、紺色の1958年製腕時計を発表し、時計愛好家の注目を集めましたが、それにとどまらず、7月には新シリーズのロイヤルコレクションを発表し、そのユニークなデザインと優れたコストパフォーマンスに注目が集まっていますので、今日はブランドのスポークスマンJay Chouと同じ黒板インターゴールドモデルのロイヤルコレクション腕時計をご紹介します。 TUDORのプロモーション写真では、同ブランドのメインモデルであるブループレートのスチールモデルを着用しています。 ジェイ・チョウはスタジオで黒のレザージャケットを着用していますが、このブラックプレートのインターゴールドはかなりイケメンですし、このインターゴールドのロイヤルウォッチ(モデルナンバーM28603-0003)のトーンにも合っていますね。

 

時計は実物の写真でご紹介しています。

 

TUDORは1926年の創業以来、創業者ハンス・ウィルスドルフの時計作りの哲学を受け継ぎ、手の届く価格で、できる限り高品質な時計を作り続けているブランドです。 TUDORが1950年代に初めてRoyalの名を使い、その卓越した品質を強調したように、Royalコレクションはこの厳しい時計製造哲学の一例であり、新しいTUDOR Royal Collectionはこの伝統を引き継ぎ、スポーティかつスタイリッシュな新しいデザインに仕上げています。 TUDOR Royal Collection」は、一体型ストラップとピッチングベゼル、自動巻きムーブメントを搭載したスポーティでスタイリッシュなモデルです。

 

チュードル ロイヤル」のケースは、堅牢で耐腐食性に優れ、低アレルギー性の316Lステンレススチール製(直径41mm)です。 また、ケースはポリッシュ仕上げとサテンブラッシュ仕上げの両方があります。

 

反対側には、上部にTUDORのアイコンである紋章を刻印したゴールドのねじ込み式リューズを備え、周囲には滑り止めの穴が開いており、時間を把握することができます。 ねじ込み式のリューズとケースバックにより、常に100m防水を実現し、日常生活での使用を可能にしています。

 

18Kイエローゴールドのベゼルにはピットカットが施され、その間にポリッシュ仕上げが施されています。この独特のデザインは、時計に層を与え、連動するゴールドのデザインは、さらに印象的で見分けがつくようになっています。

 

ブラックの文字盤にはサンバースト加工が施され、光の当たる角度によって様々な表情を見せます。 立体的なローマ数字を配したアワーマーカーは、ゴールドの針と組み合わせて時間を示し、ブラックの文字盤に映えるエレガントさも備えています。 3時位置の日付表示と12時位置の曜日表示で、実用性をさらに高めています。

 

ねじ込み式ケースバックの下には、ニバロックス製ヒゲゼンマイを採用した自動巻きムーブメントT603が搭載されており、毎時28,800振動、完全に巻き上げた状態で38時間のパワーリザーブを実現しています。

 

ロイヤル・コレクションの時計には、ラグでケースと一体化した一体型のメタルストラップが装着されています。 このデイデイトのインターゴールドモデルは、316Lスチールと18Kイエローゴールドの混合素材を使用し、5列のブレスレットは、中央のスペーサーが細かく研磨された18Kイエローゴールド、外側と中央のリンクがサテン仕上げになっています。

 

結論:TUDORロイヤルコレクションは、クラシックウォッチとスポーツウォッチの2つの特性を生かした性能と上質なスタイルの両方と言えます。さらにこのブラックプレートゴールドモデルが注目すべき点は、インターゴールドモデルとして少しも古臭くなく、ブラックとゴールドにスチールを混ぜたファッショナブルな魅力を見せており、フォーマルでも日常のカジュアルでも着用できる汎用性の高い時計である点です。 また、デイデイト表示により、普段使いにも実用的です。

ページ移動

ユーティリティ

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

Feed